2013年11月30日

小春日のをんなのすはる堤かな   室生犀星

「冬」の名作俳句 季語「小春」

●小春日のをんなのすはる堤かな   室生犀星

●小春日やものみな午後の位置にあり 清水青風

●遠まわりして生きてきて小春かな 永 六輔

●猫の目に海の色ある小春かな  及川 貞



★一億人の俳句入門(これから俳句を楽しみたいという方に:俳句を作りたい人も味わいたい人も)
   ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062129302/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


posted by ホーライ at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 冬の俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。