2011年10月22日

この樹登らば鬼女となるべし夕紅葉

秋の俳句「紅葉」(もみじ、こうよう)


この樹登らば鬼女となるべし夕紅葉  鷹女



障子しめて四方の紅葉を感じをり  立子



紅葉の色きはまりて風を絶つ  宋淵



全山の紅葉に耐へし薄まぶた  登四郎



夕紅葉とみに水音澄みわたり  花蓑






posted by ホーライ at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋の俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。