2011年11月12日

雪はげし抱かれて息のつまりしこと

冬の俳句 五句


晩鐘や町に雪来ることたしか  節子



雪はげし抱かれて息のつまりしこと  多佳子



ラグビーの頬傷ほてる海見ては  修司



冬蜂の死にどころなく歩きけり  鬼城



冬の水一枝影も欺かず  草田男





posted by ホーライ at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 冬の俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。