2014年07月13日

朝顔の蔓の自由のはじまりし  (稲畑汀子)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜 季節のうつろひ 〜〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「秋」の名作俳句 季語「朝顔」

●朝顔の蔓の自由のはじまりし  (稲畑汀子)




★一億人の俳句入門(これから俳句を楽しみたいという方に:俳句を作りたい人も味わいたい人も)
   ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062129302/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


posted by ホーライ at 04:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 初秋の俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

十五夜の雲のあそびてかぎりなし

秋の俳句「名月」


名月や池をめぐりて夜もすがら  芭蕉

名月や舟を放てば空に入る  露伴

真つ向に名月照れり何はじまる  三鬼

十五夜の雲のあそびてかぎりなし  夜半

満月の暗闇多き奈良の町  知世子


posted by ホーライ at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 初秋の俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

水をのむ猫の小舌や秋あつし

初秋の俳句:季語『残暑』


口紅の玉虫いろに残暑かな  蛇笏


水をのむ猫の小舌や秋あつし  秋声


残りたる暑さも今はちりぢりに  瓜人


秋あつし鏡の奥にある素顔  信子


朝夕がどかとよろしき残暑かな  青畝




posted by ホーライ at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 初秋の俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。