2014年06月08日

●紫陽花や きのふの誠 けふの嘘(正岡子規)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜〜 季節のうつろひ 〜〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「夏」の名作俳句 季語「紫陽花」

●紫陽花や きのふの誠 けふの嘘(正岡子規)




★一億人の俳句入門(これから俳句を楽しみたいという方に:俳句を作りたい人も味わいたい人も)
   ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062129302/horaihonoyomu-22/ref=nosim/

posted by ホーライ at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のうつろひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

美しき緑走れり夏料理  星野立子

「夏」の名作俳句

●美しき緑走れり夏料理  星野立子

●紫陽花の窓いっぱいに雨の地図  伊丹啓子

●夏つばめしばらく風に乗つてをり  吉村玲子

●昼寝覚地球半周してゐたり   細川知子

●炎天を行くやわが影剥がしつつ  藤原たかを



★一億人の俳句入門(これから俳句を楽しみたいという方に:俳句を作りたい人も味わいたい人も)
   ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062129302/horaihonoyomu-22/ref=nosim/





●●●●●お勧めのTOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法●●●●●
  ↓
http://toeic-emglish.seesaa.net/

●●●● TOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法、TOEICのサイト ●●●●
     ↓
https://sites.google.com/site/toeichorai01/total2


●●●●●自分を3日で変える自己啓発の方法●●●●●
  ↓
http://horai-myself.seesaa.net/

▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

●医薬品ができるまで」は下記
http://chiken-imod.seesaa.net/

●週刊GCPのメル“ガマ”の(GCPメルマガ)バックナンバー・登録・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

●ホーライ製薬は下記
http://horaiseiyaku.seesaa.net/
posted by ホーライ at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のうつろひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

言うまでも無く、俳句は格闘技である。

まず対戦相手だが、俳句結社の主宰がそうだ。
さらに、同じ結社の人たち。
そして全国の数百万人の俳句を作る人たちが戦いの相手となる。

俳句ではどれだけ斬新な言葉を作ることができるか、とか、どれだけ新しい視点で今までの風景を表現するかの勝負となる。
もちろん、先に言ったもん勝ちである。

誰よりも早く、日常の風景を非日常の言葉で言い表すことができるか、そう、俳句とは言葉との戦いでもある。

孤独に耐えながら、七転八倒しながら、言葉との格闘技を繰り広げる。

風景を新しい角度で切り取る作業を永遠とやる。

17文字という僅かな語数ありながら、無限の可能性を秘めた世界で行われている言葉の格闘技にあなたも参戦してみませんか?


ラベル:俳句
posted by ホーライ at 11:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 今日のうつろひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

最近は俳句です。

最近、俳句にまたはまっている。
以前も俳句にはまっていたが、その後、しばらく仕事関係でドタバタしていたので、俳句から離れていた。

それが、今年の新人の導入研修が終わった頃から、仕事もひと段落ついたことで、急に思い立ったように俳句を作り始めた。
(そのとばっちりを受けて、俳句を作らされる羽目になった被害者も数人いるのだが。)

今日も、これから、ある俳句結社の句会に出る。
この句会には前もって二句を提出しているので、その二句に対する句会出席者の反応や主宰の批評も楽しみにしている。

そんなことで、バーンアウト気味だった僕なのだが、しばらくはこの自分ひとりの俳句熱にうかれていたいと思う。

この俳句という詩歌の創作のために僕の能力はあまりにも小さいので、俳句を作り始めると、それだけで僕のエネルギーは使い果たしてしまう。
それで、最近はホーライ製薬や医薬品ができるまで、などのサイトの更新もできないし、ここの日記も書くだけの余力がない(ということになっている)。

僕の加熱気味の俳句熱が少し落ち着いてきたら、また、治験関係のサイトの更新もできると思うが、今のところは、以上の理由により、しばらくは放置です。



そんな僕が今、読んでいる本は俳句関係の本ばかりだが、例えば、次のような本を読んでいる。



魅了する詩型

魅了する詩型


魅了する詩型―現代俳句私論





俳句の宇宙


俳句の宇宙





現代の俳人101

現代の俳人101


現代の俳人101





現代俳句の鑑賞101

現代俳句の鑑賞101


現代俳句の鑑賞101




そして、僕は「異彩を放つ俳人」を目指している。今はただの「異臭を放つ俳人」なのだが。


ラベル:俳句
posted by ホーライ at 10:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 今日のうつろひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

この樹登らば鬼女となるべし夕紅葉

三橋鷹女の執念の「俳句」


白露か死んでゆく日も帯締めて

夏痩せて嫌ひなものは嫌ひなり

日の昏れてこの家の躑躅いやあな色

初嵐して人の機嫌はとれませぬ

この樹登らば鬼女となるべし夕紅葉



知っておきたい「この一句」

知っておきたい「この一句」
ラベル:俳句
posted by ホーライ at 17:06| Comment(1) | TrackBack(1) | 今日のうつろひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

蛍 二十四句

立て掛けて蛍這ひけり草箒   夏目漱石

蛍くさき人の手をかぐ夕明り  室生犀星

国東の仏ぞくらき蛍かな    阿波野青ほ

死に急ぐなと蛍に水吹いて   鈴木真砂女

髪にとまれば髪青きなり蛍の夜 見市六彦

蛍逃げ熊野の闇を鷲掴み    後藤綾子

持て余す母からの髪蛍の夜   長谷川久々子

蛍火や山のやうなる百姓家   富安風生

蛍火や疾風のごとき母の脈   石田波郷

蛍火の寺にあらたな闇育つ   石井とし夫

にんげんの手足ひらひら蛍沢  木内彰志

大蛍ゆらりゆらりと通りけり  一茶

かごからほたる一つ一つを星にする 荻原井泉水

親一人子一人蛍光りけり    久保田万太郎

蛍籠くらければ揺り炎えたたす 橋本多佳子

ゆるやかに着てひとと逢ふ蛍の夜 桂 信子

初めての蛍水より火を生じ   上田五千石

女一人目覚めてのぞく蛍籠   鈴木真砂女

川ばかり闇は流れて蛍かな   千代女

波に飛ぶ蛍を見たり五大堂   寅彦

ふりしきる雨となりにけり蛍籠 万太郎

蛍火やこぼりと音す水の渦   青屯

風涼し銀河をこぼす飛ぶ蛍   朱鳥

蛍火やをんなの匂ひ水よりす  占魚
ラベル: 俳句
posted by ホーライ at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のうつろひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

桃の節句


 
星空に月あり桃の節句なり  宮津昭彦
 
 
posted by ホーライ at 15:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 今日のうつろひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

60億の人の短歌



地球には60億の人がいて友達3人恋人はナシ  むらやまじゅん

posted by ホーライ at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のうつろひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

冬の海

身も透くやただ一望の冬の海  中村苑子


posted by ホーライ at 14:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 今日のうつろひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

初だより


竹のこと竹に任せて初便り  加藤耕子

posted by ホーライ at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のうつろひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

福寿草

 
片付けて福寿草のみ置かれあり  高浜虚子
 
posted by ホーライ at 17:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 今日のうつろひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

七草


七草を売る丸ビルの花屋かな  清水 浩

posted by ホーライ at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のうつろひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

手袋

 
手袋の十本の指を深く組めり  山口誓子
 
posted by ホーライ at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のうつろひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

年の市


 
蒟蒻(こんにゃく)を落として屈む年の市   飴山 實
 
posted by ホーライ at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のうつろひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

水仙


水仙や束ねし花のそむきあひ  中村汀女

posted by ホーライ at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のうつろひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

木枯

木枯しや東京の日のありどころ  芥川龍之介

海に出て木枯帰るところなし   山口誓子


posted by ホーライ at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のうつろひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

鶴鳴けり  


 
晴天のどこか破れて鶴鳴けり  福永耕二
 
 
posted by ホーライ at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のうつろひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

降り積めば


降り積めば枯葉も心温もらす  鈴木真砂女


鈴木真砂女

人悲します恋をして




posted by ホーライ at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のうつろひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

うしろすがたの

 
うしろすがたのしぐれてゆくか  種田山頭火


山頭火
山頭火



posted by ホーライ at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のうつろひ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。